【勉強】 インターネットで最も検索された自動車メーカーは!?

調べたいことがあれば、即スマホ!
何だってインターネットを使えば、あっという間に欲しい情報は手に入れられる。

欲しいクルマ、気になるクルマ、自動車のことを調べよう♪

と言うことは、ネット検索される件数の多いクルマが、つまりそのクルマを作っているメーカーは良くも悪くも世界に話題を提供しているブランドであると言うことですね。

そこで英国の自動車パーツ販売会社「Quickco」が2016年の1年間に「Google」の検索エンジンを使って世界193ヶ国で最も検索された自動車メーカーを国別で分けた地図を作ったのです。

これを見ると74ヶ国で1位を取ったトヨタが圧倒的に多く、続いて51ヶ国のBMW、17ヶ国のヒュンダイと続いています。
面白いのはアメリカではアメ車じゃなくトヨタなのに、トヨタのお膝元である日本ではなぜかBMWが最も検索されている。

ただ、中国やロシアはGoogle以外の検索エンジンが主として使われていますし、韓国もネイバーが多く使われているため必ずしも現実と一致するものでは無いかもしれません。。。

それでも興味深い結果ですね。

<ポイントまとめ>
○「日本の自動車メーカー」がいかに世界中で多く検索されているかということ。
(例えば、米国やオーストラリア、中国、モンゴルではトヨタが、カナダやブラジルパキスタンはホンダが、また、アフリカでは大半がトヨタ、東南アジアではほとんどの国でホンダが検索されている。)
○ひとつだけブガッティが一番の国がある!

carbrands_world

詳しくは・・・Most Searched Car Brands Around The World In 2016
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

2017年度の F1マシンの新レギュレーションを勉強しよう♪

F1 2016、今シーズンも終わりましたねぇ。
最後にびっくりニュースが報じられました。
それは、メルセデスのニコ・ロズベルグのチャンピオン獲得&引退。

ここで2016シーズンのおさらいを!

★★★ 2016年 F1ドライバーズポイント ★★★

  1位:385pt:ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)
  2位:380pt:ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
  3位:256pt:ダニエル・リカルド(レッドブル)
  4位:212pt:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
  5位:204pt:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
  6位:186pt:キミ・ライコネン(フェラーリ)
  7位:99pt:セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
  8位:83pt:バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)
  9位:74pt:ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
 10位:54pt:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
 11位:53pt:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
 12位:44pt:カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)
 13位:29pt:ロマン・グロージャン(ハース)
 14位:25pt:ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)
 15位:21pt:ジェンソン・バトン(マクラーレン)
 16位:7pt:ケビン・マグヌッセン(ルノー)
 18位:2pt:フェリペ・ナッセ(ザウバー)
 17位:1pt:パスカル・ウェーレイン(マノー)
 19位:1pt:ジョリオンパーマー(ルノー)
 20位:1pt:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
 21位:0pt:エステバン・グティエレス(ハース)
 22位:0pt:マーカス・エリクソン(ザウバー)
 23位:0pt:エステバン・オコン(マノー)
 24位:0pt:リオ・ハリアント(マノー)


お次はコンストラクター。

★★★ 2016年 F1コンストラクターズポイント ★★★

  1位:765pt:メルセデス
  2位:468pt:レッドブル
  3位:398pt:フェラーリ
  4位:173pt:フォース・インディア
  5位:138pt:ウィリアムズ
  6位:76pt:マクラーレン・ホンダ
  7位:62pt:トロ・ロッソ
  8位:29pt:ハース
  9位:7pt:ルノー
 10位:2pt:ザウバー
 11位:1pt:マノー


ロズベルグのニュースでストーブリーグの話題もホットになっています。
来期は誰がどのチームに移籍するのか気になるところ。

そしてもうひとつ、2017年はマシンのレギュレーションが大幅に変わるのです。

ここにマシンのボディワークがどのように変わるのかをわかりやすく解説するCG映像があります。
見てみましょうか!?


F1マシンのお勉強。
フロントタイヤ幅が拡大、合わせてフロントウイングも拡大。
リアウイングも翼端板後方の形状が斜めに、それにも増して印象が強いのが高さがぐっと低くなること。

この低さはインディーカーっぽいないですか!?

これはジョルジョ・ピオラ氏による解説CG映像です。
ピオラさんはテクニカルイラストレーターです。
こちらの方が数値が書かれているのでわかりやすいですね。

最後に2017年度のF1の開催スケジュールを。

★★★ 2017年 F1カレンダー ★★★
  3月26日:第1戦:F1オーストラリアGP:メルボルン
  4月 9日:第2戦:F1中国GP:上海
  4月16日:第3戦:F1バーレーンGP:サヒール
  4月30日:第4戦:F1ロシアGP:ソチ
  5月14日:第5戦:F1スペインGP:バルセロナ
  5月28日:第6戦:F1モナコGP:モナコ
  6月11日:第7戦:F1カナダGP:モントリオール
  6月25日:第8戦:F1アゼルバイジャンGP:バクー
  7月 9日:第9戦:F1オーストリアGP:レッドブル・リンク
  7月16日:第10戦:F1イギリスGP:シルバストーン
  7月30日:第11戦:F1ハンガリーGP:ハンガロリンク
  8月27日:第12戦:F1ベルギーGP:スパ・フランコルシャン
  9月 3日:第13戦:F1イタリアGP:モンツァ
  9月17日:第14戦:F1シンガポールGP:マリーナ・ベイ
 10月 1日:第15戦:F1マレーシアGP:セパン
 10月 8日:第16戦:F1日本GP:鈴鹿
 10月22日:第17戦:F1アメリカGP:オースティン
 10月29日:第18戦:F1メキシコGP:メキシコシティ
 11月12日:第19戦:F1ブラジルGP:インテルラゴス
 11月26日:第20戦:F1アブダビGP:ヤス・マリーナ


上記のレギュレーション改正はタイムにも影響するようです。
1ラップあたり5秒程度のタイムを短縮できるだろうとのこと。
これは速いですねぇ。
楽しみですねぇ。。。

テーマ : F1GP 2016
ジャンル : 車・バイク

最近のフェラーリ・ワンオフモデル事情!…その5

フェラーリのワンオフモデルについて、拙ブログは調査しております。
こんな具合にエントリしておりました。

スタートは、
最近のフェラーリ・ワンオフモデル事情!
つづいて、
最近のフェラーリ・ワンオフモデル事情!…その2
それから、
最近のフェラーリ・ワンオフモデル事情!…その3
そんでもって、
最近のフェラーリ・ワンオフモデル事情!…その4
と数を重ね、今回で5回目となります。

12月1日から4日にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開催されたイベント「フィナーリ・モンディアーリ」で、フェラーリの最新ワンオフ・モデルが公開されました。
フェラーリ SP275 RW コンペティツィオーネ

ベースモデルは、フェラーリ・F12ベルリネッタのスタンダード・モデルか、あるいは F12 TdF か。

ちなみに高性能な TdF の6.3リッターV型12気筒エンジンを搭載していれば、最高出力は780psを発生し、0-100km/hを2.9秒で加速する。さらにボディはカーボンファイバーを多用しているため F12ベルリネッタより110kgも軽くなっている。

ferrari-sp275-rw-competizione_01
ferrari-sp275-rw-competizione_04

デザインについてはオーダーした方の嗜好に合わせたのでしょうからね。
ごく私的にはわざとらしいくらいのグラマラス感は、ティラノサウルス、、、恐竜のような印象を受けました。

ferrari-sp275-rw-competizione_02
ferrari-sp275-rw-competizione_03



さすがにワンオフモデルなので、いつどこで誰が発注しているかは不明。
次回、登場はいつか?公開されるのか?
また、1台の謎のクルマの存在がフェラーリの歴史に刻まれた。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】動いてるエンジンの内部が見えてしまったら、、、

動いているエンジンの内部が見えるって、すごくない!?

中学生でエンジンの仕組み自体は勉強しましたね!?
しかし、実際に動いているエンジンの内部を見る事はできません。

なので、コンピューターを使って3D映像を作るわけですね。
こんな感じのを!

3D movie - how a car engine works
メカニカルでかっこいいですね。
さらにエンジンの動きがよくわかります。
こんな感じで、エンジンは動くんだなぁ。
金属で囲まれた中身は見えないんだから、こうなりますね。


しかし、その常識をくつがえすスケルトン4ストエンジンができたのです。
このエンジンは、バルブをピストンの上ではなく横につけるという特殊構造によって、
透明な覗き窓から中の様子が見ることが可能になったのですよ。

それでは、本物のエンジンの動く様をご覧ください。

inside a running engine

どうでしたか?
エンジンはこんな風に動いていたのか〜!
しかし、3Dの方が仰々しくて有り難みがあったんだけど。
バルブ&ピストンの動きの速さが「軽さ」も見せてくれるからかなぁ。。。

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】『ガムボール3000』 を学ぶ

1981年に公開された映画「キャノンボール」。
これは映画の話ではなく、リアル・キャノンボールランが毎年あるの知ってる???
今年は日本で開催なんていう話もあるが、、、!?

そのレース(ラリーと言ってるが)は、『ガムボール3000』

ガムボール3000(The Gumball 3000)とは主にヨーロッパを舞台に毎年展開される国際公道ラリーであり、その距離は3000マイル(5000キロメートル)に及ぶ。どの規定時間内にどれだけの距離を走破しなければならないというルールは無い。そのため一般的には車好きの富豪たちによる見せびらかしゲームと考えられている。主催者はこれはレースではなくラリーであると告知しているにもかかわらず、例年のようにポルシェ、ランボルギーニ、フェラーリをはじめとするハイパワーな高級自動車でこのラリーに参加しスピード違反による罰金、自動車の没収などにより棄権するものが多いため、一般的には公道を使ったレースとして知られている。

from Wikipedia



何か映像がないかと探したら、いつも紹介する『 Shmee150 』チャンネルにありました。
昨年2015年の映像です。
ガムボール3000への参加車両を紹介しています。古今東西のスーパーカーが参戦。


こちらは2013年のものです。


そんな中、今年のガムボール3000関連の映像を見つけましたよ。
なんと!? F1が公道を走る。いいのか?ついにガムボール3000にF1マシンで参戦する大富豪が!?

しかし、 F1マシン って公道走っていいのか?

見ているだけなら楽しいですが、実際にはほぼ公道を使ったレースで、毎年のように事故が起き、また逮捕者も出ているという事実もあります。
過去、この日本でもテレビのお正月番組でキャノンボールを真似た自動車レースがありましたが、やはり走行マナーや事故などの危険性があると批判を受けて、それ以降の開催はありません。

今年はアイルランドのダブリンからルーマニアのブカレストまで約一週間かけて走るようです。
無理、違反、事故のないように走ってくださいねぇ。

※参考:Wikipedia:ガムボール3000

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR