【ブック&ムック】 本と雑誌に、今回は古本もあるよー!

この本はムック?ブック?
2017-02-09_book_01
車名博物館 PART1
ムック:162ページ
出版社:八重洲出版
発売日:2016/11/17


2017-02-09_book_02
内容…

「トヨタソアラは、当初はメキラと名付けられていた! 」
「スカイラインとゴルフボールの意外な関係」
「いすゞ117クーペは007に影響を受けている」
国産・輸入車の名車と呼ばれるクルマの車名にまつわる秘話を紹介。掲載台数は合計約100車種。巻頭では、フェアレディZや箱スカなど、現在でも人気の高いクルマ7台を紹介。日本自動車博物館などの博物館の情報など、コラムも織り交ぜて展開する。


2017-02-09_book_03
クルマの車名の由来とそのクルマの概要をまとめたもの。
本はA5サイズで、クルマによりボリュームが変化。基本は見開き(2ページ)。1ページでは少ないような・・・。
こういった本の作り方って難しいだろうなぁ。車名の由来だけなら車名事典にすればいい、車名博物館にしたのはなぜか?
もうちょっと内容が欲しいな、というのが実感です。
PART1ということなので、PART2〜出てくるんでしょうねぇ。
次は、、、?

2017-02-09_book_04
目次…その1

2017-02-09_book_05
目次…その2



表紙を一見して、購入しました。
390円でチョー満足できる雑誌です。
2017-02-09_mook_01
ホリデーオート 2017年3月号
雑誌:月刊
出版社:モーターマガジン社
発売日:2017/2/10


2017-02-09_mook_02

【巻頭大特集】
『「よろしくメカドック」の時代 1982-1985』
○リアル・メカドックの世界
○こんなクルマが輝いていた!
○80年代チューニング事情
○未来と現代のメカドック
○次原隆二(漫画家) × 橋本洋平(モータージャーナリスト)
○よろしくメカドック・コレクション


2017-02-09_mook_03
この切り口は旧車を紹介するにはうってつけ!
ホリデーオート、うまいわぁ〜。
2017-02-09_mook_04
この雑誌は一家に一冊!
保存版でーす。
2017-02-09_mook_05

【WRC参戦復帰記念特集】
『トヨタ WRCマシン グラフィティ』
・222D ・セリカ ツインカムターボ
・セリカ GT-Four ・カローラ WRカー
・ヤリス WRC


2017-02-09_mook_06
いい特集でしょ!
トヨタがラリーに帰ってきたー!
2017-02-09_mook_07

【特別企画】
『ヒーローはスモールカー』
Part.1 スズキ スイフト 進化論
Part.2 コンパクトHV 戦国時代の新選択基準
Part.3-1 80'sスポコン名車列伝
Part.3-2 80's-90's スポーツK 名車列伝
Part.4 カスタムコンパクト最前線
Part.5 軽のニューモデルが続々!


2017-02-09_mook_08

【企画】
◎オールアバウト シンメトリカルAWD
◎爽快・快適 エルグランドのススメ
◎安心&安全な背高・軽ワゴン デイズルークス
○フラッグシップモデルの矜持
○イマドキのクルマのつくり方 2017年版
~プラットフォーム完全理解
○あの限定スポーツの気になるおネダン
○ワイド特集:犬も歩けば棒に当たる

【輸入車最新情報】
01 ルノー トゥインゴ
02 ボルボ V40
03 フォルクスワーゲン ティグアン
04 MINI クロスオーバー

【カラー連載】
◆KAZとイシイの “ソウルサーチャーズ"
「スーパースポーツカーに昂ぶる」
◆ハイウェイ・グルメの旅
・アロエ丼
◆こんなモノどう?セレクション〔新連載〕
・CACAZAN ドライビンググローブ
◆極上名車を探し隊が行く “ノスタルジ屋"
・ソアラ 3000GT 1985年
◆男の玩具箱
・エブロ ホット! /日産フェアレディZ ロードスター 2005

【コラム】
◆ラリー挑戦日記
◇レジェンド編集者の取材奮戦記
◇遠慮なしに言わせてもらおう
◇いつもそばにクルマが
◇Japanese Car-Guy(海外)評判記
◇乗る! クスリ


2017-02-09_mook_09
《別冊付録》「新型スープラ・スクープカタログ」
これは中身は見せられません!なんちゃってスクープですから(汗



これはブックオフで見つけた古本です。
ちなみに108円
帰ったら、すでに持っていました。2冊目ということです(汗
2017-02-09_mook_10
モデルアート 1990年6月号

2017-02-09_mook_11
特集:スーパーカー列伝
○フジミ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP400
○フジミ 1/24 ランボルギーニ カウンタック 25th アニバーサリー
○マルイ 1/24 ランボルギーニ イオタ SVR

2017-02-09_mook_12
○フジミ 1/24 ポルシェ 930 ターボ
○ニチモ 1/24 マセラティ ボーラ
○タミヤ 1/24 フェラーリ テスタロッサ
○マルイ 1/24 デトマソ パンテーラ

2017-02-09_mook_13
○エーダイグリップ 1/24 ランチア ストラトス
○バンダイ 1/20 ロータス ヨーロッパ Sr.1
目次・・・古さを感じさせますねぇ。

2017-02-09_mook_14
スーパーカーの残したもの
トリとして、しっかりした読み物を配置。
マジメだなぁ、昔の本の作り方の方が!?


出典:Amazon より



  
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 気になるプラモ系の映像を紹介しよう♪

今日は2本のプラモ系動画をご紹介しましょう

まずは「なべさん」からの動画紹介。
なべさんがプラモを製作している工房をご紹介するものでs。

どんなとこでプラモ作ってるんだろう?
それではなべさんの工房にお邪魔しよー!

さすがに揃っていますねぇ。
うらやましい限りでございます。
これは参考になるのじゃないでしょうか。
私もなべさんと同じ、プラモの置き場所がどんどん無くなってゆくー♪



お次は「プラモ屋店長」から・・・
最新キットを紹介してもらいましょ♪

まずは、フジミ製 1/24 よろしくメカドック セリカXX

基本的に古いキットですねぇ。
パッケージを「よろしくメカドック」(漫画)仕様にしての再販ですね。

もう一つ、新作キットを紹介。
今度は、アオシマ製 1/24 ランボルギーニ アヴェンタドール SV

これ、どうしようか?
私は思案中です。
先月、アオシマ・ディアブロを買っちゃったんですよねぇ。。。







テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 ホンダNSX vs 日産GTRニスモ in 筑波サーキット

今年1月23日のエントリーで、雑誌をご紹介しました。

1982年〜2016年 筑波サーキットアタック市販車モデル35年史
カー雑誌の『CARトップ』の特別編集。

2017-01-15-mook_01
CARトップ特別編集 全開記録1000
ムック:162ページ
出版社:交通タイムス社
発売日:2016/12/31


今回の観て欲しい映像は、CARトップTVより、新型ホンダ NSX と日産 GT-R NISMO 2017年モデルが筑波サーキットでのガチンコバトル!

気になりません?
どっちが速いのか!?
価格では2370万円のNSXの勝ちですが、1870万円のGT-R NISMOは筑波キングのタイトルホルダーです。
さらにNSXのドライバーには土屋圭市氏、GT-Rには中谷明彦氏がドライブと興味が尽きません。

日本の2大スーパーカー対決は、どちらに軍配があがるのか?
それでは、レディ!?


バトルはGT-R NISMOの勝利!
やっぱりそうか。。。
NSXはセッティングが合ってなかったか!?挙動が安定していませんでした。

まだまだ開発途中。。。
GT-Rは確実な進化を遂げているようです。
今後のNSXの熟成に期待ですね。

ただし、GT-Rが1分1秒台、NSXが2秒台と、どちらのタイムも素晴らしいものだということは間違いありません。




テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【勉強】 インターネットで最も検索された自動車メーカーは!?

調べたいことがあれば、即スマホ!
何だってインターネットを使えば、あっという間に欲しい情報は手に入れられる。

欲しいクルマ、気になるクルマ、自動車のことを調べよう♪

と言うことは、ネット検索される件数の多いクルマが、つまりそのクルマを作っているメーカーは良くも悪くも世界に話題を提供しているブランドであると言うことですね。

そこで英国の自動車パーツ販売会社「Quickco」が2016年の1年間に「Google」の検索エンジンを使って世界193ヶ国で最も検索された自動車メーカーを国別で分けた地図を作ったのです。

これを見ると74ヶ国で1位を取ったトヨタが圧倒的に多く、続いて51ヶ国のBMW、17ヶ国のヒュンダイと続いています。
面白いのはアメリカではアメ車じゃなくトヨタなのに、トヨタのお膝元である日本ではなぜかBMWが最も検索されている。

ただ、中国やロシアはGoogle以外の検索エンジンが主として使われていますし、韓国もネイバーが多く使われているため必ずしも現実と一致するものでは無いかもしれません。。。

それでも興味深い結果ですね。

<ポイントまとめ>
○「日本の自動車メーカー」がいかに世界中で多く検索されているかということ。
(例えば、米国やオーストラリア、中国、モンゴルではトヨタが、カナダやブラジルパキスタンはホンダが、また、アフリカでは大半がトヨタ、東南アジアではほとんどの国でホンダが検索されている。)
○ひとつだけブガッティが一番の国がある!

carbrands_world

詳しくは・・・Most Searched Car Brands Around The World In 2016

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.250>no クルマwo ググる〜♪

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.250 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 NISSAN PS30Z FairladyZ 432R
フジミ 1/24 ニッサン フェアレディZ 432R
Car Models File-No.250

館長&学芸員:皆さん、こんにちは

T学芸員:今回、ググるクルマは?
館長:<File No.250>は フェアレディZ 432R です
K学芸員:日本の名車の登場だ!
館長:超希少車、レース用にチューニングされたモデルです
館長:「432」の意味って知ってる?
K学芸員:「4」・「3」・「2」と意味があるわけですね
館長:そうだね

K学芸員:「4」は、4バルブ
館長:そうです
T学芸員:「3」は、3キャブレター
T学芸員:「2」は、2カム
館長:その通りです
K学芸員:このくらいは、クルマ好きなら答えられないと・・・

K学芸員:それでは、恒例となった実車と模型との比べっこしましょう!?
T学芸員:しかし、432R の写真が見つからなかったので、432 の写真を使います
館長:以前に拙ブログで紹介したものです
T学芸員:始めましょう♪
NAT2012_03_07
PCM00350_11

NAT2012_03_08
PCM00350_10

NAT2012_03_09
PCM00350_08

館長:模型はフジミ製です
T学芸員:最後のサイドビュー、ずんぐりした感じがいい具合です
K学芸員:432R はレース専用モデルということの特徴は何ですか?
館長:軽量化を追求している
館長:例えば、アクリルガラスを採用している
館長:ドア、サイド、バックドアの合計5枚のウインドウは、ガラスではなくアクリル製です。
館長:これだけでも大幅な軽量化に貢献しています
館長:ドアにはアームレストも無いのです
館長:だから、内側からドアを閉めるのに、窓枠に手をかけて閉めるのです

K学芸員:なるほどー。
館長:縦2連デュアルマフラーは、432、432R の標準装備品です


K学芸員:お次は動画をググりましょう♪
館長:そうしましょう
K学芸員:いきなり決定版を見つけちゃった!?
T学芸員:BBS Japan NAF2016にて、幻の名車「フェアレディZ 432R」を柳田真孝が試乗!!

館長:柳田春人が当時の思い出を話してるゥ
K学芸員:生き証人が語る
T学芸員:勉強になりますねぇ


館長:これもイベント映像ですね
K学芸員:2013年10月06日、お台場特設会場で開催された八重洲出版社の旧車専門誌「Old-timer」主催
T学芸員:旧車ミーティング、第一回「お台場旧車天国」で撮影したものだそうです
K学芸員:内装、エンジンがよく分かります


館長:いい映像がありますねぇ
館長:さすが日本一の名車です!?
K学芸員:『黒い稲妻』こと桑島正美氏の操る 432R のデモ走行の様子です
T学芸員:第52回SHCCミーティングat大磯ロングビーチで急遽、実現したデモ走行だそうです
館長:貴重ですね



館長:108というボードが掲げられましたね
K学芸員:108馬力ということでしょうか
T学芸員:2015 オールフェアレディZミーティング パワーチェック大会での模様です
館長:最後は 432R を始め旧車のオンパレードを楽しみましょう♪
館長:2本続けて行っちゃいますよー




館長:今日はここまでにしましょう
館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪


Car Models File-No.250
フジミ 1/24 ニッサン フェアレディZ 432R
FUJIMI 1/24 NISSAN PS30Z FairladyZ 432R

Car Models File-No.250 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

※参考:Wikipedia:フェアレディZ 初代 S30/S31型系
※参考:日本の自動車技術240選の解説



  

  

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR